ページの先頭へ

作業療法学科

幅広い世代が住み慣れたところでいきいきと生活するために必要なサービスを提供し、
地域の多様な主体と協働して安心して暮らせる地域コミュニティづくりに貢献する人材を育成

住み慣れた地域で自立した生活を実現するために、作業療法士としての最新かつ高度な知識と専門技術を備え、ヒューマンサービスやライフサイクルに適したサービスを身につけ、地域を活性化できる人材を育成する。

  • 取得資格
    ・(国)作業療法士(受験資格)※ ・キネシオテーピングトレーナー ・福祉住環境コーディネーター
  • 取得学位
    ・作業療法学士(専門職)

※指定申請予定

“作業療法士”とは?

作業療法士は、患者さまの病気・ケガ・老化などによる後遺症や障がい、生活の中で感じる不便さから、「暮らしやすさ」を取り戻すために心と身体の治療と訓練を行い、目的の達成のため、寄り添い、サポートを行います。

PICK UP ピックアップ授業

1

1人間工学

人間工学の視点からみた未来のリハビリテーション医療、在宅介護サービス、人々の生活までを学び、人間工学の原則に基づく新たなサービスを創造する力を身につける。

2

2応用治療技術実習Ⅱ(リハビリ工学)

工学技術をリハビリテーション分野に応用した、治療やトレーニング、生活支援、介護支援に関するシステム・装置などについて学習する。具体的には、リハビリテーションロボット、介護ロボット、入力・操作補助装置、コミュニケーション補助装置、移動・移乗支援機器、ICTを利用した支援システム、機能的電気刺激などについて学ぶ。

3

3地域生活と健康

成長期の男女、高齢者、身体障がい者等やライフステージに合わせた健康の維持・増進のための健康教育の基礎的知識を学ぶ。

4

4基礎作業学

陶芸など高齢者や精神障がい者の身体機能回復に応用できる作業を学ぶ。

5

5福祉住環境コーディネーター2級

高齢者や障がい者の方が安心して暮らせる住環境を提案するアドバイザーの資格取得をめざす。就職にも有利。

岡山経営者論
岡山を代表する様々な分野の経営者ならびにイノベーターにより、新サービス・起業・新規事業展開・海外事業展開・地域創生(地域活性化)等をテーマに、企業・経営者の観点からサービスの創造に欠かせない思考と創造力を学び、他分野の視点やアイデアを形にする方法やサービスの革新と新たなサービスを創造する力を修得する。