ページの先頭へ

理学療法学科

健康寿命の延伸のために尽力し、地域のニーズに対応する新しいサービス事業を展開し、
地域の創生に多職種と協働して貢献する人材を育成

人々が健康で幸せな人生を全うする社会を実現するために、理学療法士としての最新かつ高度な知識と専門技術を備え、ヒューマンサービスや組織運営力を身につけ、地域を活性化できる人材を育成する。

  • 取得資格
    ・(国)理学療法士(受験資格)※ ・キネシオテーピングトレーナー ・福祉住環境コーディネーター
  • 取得学位
    ・理学療法学士(専門職)

※指定申請予定

“理学療法士”とは?

理学療法士は、患者さまの疾病や障がいから、一人ひとりに適した治療・予防計画を立て、医学的根拠に基づいた療法で失われた身体の機能を回復させ、社会や日常生活に戻るまでのサポートを行います。

PICK UP ピックアップ授業

1

1スポーツ理学療法特論

基礎的なスポーツ理学療法を通して、生涯スポーツへの理学療法士の関わりやロコモティブシンドロームなど介護予防の観点からスポーツの有用性を熟考しながら、プログラム立案から実施までを学ぶ。

2

2生涯スポーツ実習

地域と協力しながらスポーツ障がい予防のプログラムを立案し、指導を行うことにより、幅広い知識と指導力を身につける。

3

3応用治療技術実習Ⅰ(徒手療法)

関節運動学を主に学び、関節内運動の治療を中心に関節に対しての治療手技を学ぶ。

4

4応用治療技術実習Ⅲ
(セルフコンディショニング)

セルフコンディショニングや予防的観点から有用な運動指導方法(トレーニングやストレッチング、姿勢を整えるためのボディワークなど)について実習を通して学習する。身体の動きに対する知識を深めるとともに、運動プログラム指導を立案し実習を通して、臨床の場で活用できる高度な指導技術の修得をめざす。

岡山経営者論
岡山を代表する様々な分野の経営者ならびにイノベーターにより、新サービス・起業・新規事業展開・海外事業展開・地域創生(地域活性化)等をテーマに、企業・経営者の観点からサービスの創造に欠かせない思考と創造力を学び、他分野の視点やアイデアを形にする方法やサービスの革新と新たなサービスを創造する力を修得する。