ページの先頭へ

新たな大学制度
専門職大学とは

急速に変化する時代のニーズに対応できる
専門職業人の養成を目的として
「専門職大学」が開設されました。
職業界との連携により、
現場のニーズを教育課程に取り込む実践的教育が特色で、
「理論」と「実践」を架橋して学び、
高度な「実践力」と「創造力」を備え、
イノベーションを起こす人材を養成します。

#01

卒業単位の1/3以上
医療現場等での実習

#02

1クラス40人以下の
少人数制授業で、
きめ細やかな指導が可能

#03

卒業時には
学位「学士(専門職)」
が授与される

#04

専任教員の4割以上は
高度な実務経験
を持ち
専門性の
高い授業を
受けることができる

#05

現場や地域社会と
連動した
カリキュラム

で現場で必要な
知識・
技能が取得できる

#06

高度で実践的な職業教育と
学術教育を重視。
連動した
独自の
カリキュラムで学べる

専門職大学と
従来の大学との違い

従来の大学が、幅広い教養や学術研究の成果に
基づく知識・理論を身につけるのに対し、
専門職大学では専門業務を牽引でき、
新たなサービスなどを作り出せる人材を育成し、
高度な実践力と豊かな創造力を
身につけることができます。